(薬師神シェフのコメント)
僕が大切にしているのは、素材を『意味のある』おいしいに落とし込むこと。
今回は、収穫の時期が短い比布町のいちご「けんたろう」が、いちばん美味しい時期に行き場を失うかもしれないと聞き、その旬の風味を閉じ込める加工品を検討しました。それがこのTSURUGAいちごバターです。

製造過程においては、単にいちごのコンフィチュールにバターを混ぜるのではなく、製法にもこだわり、いちごとバターに合う様々な糖類と加熱方法、割合を試しました。
北海道産のてんさい糖を使い、煮崩れる寸前の絶妙なタイミングまで煮詰めたいちごのコンポートにハスカップ果汁を合わせ、希少価値の高いグラスフェッドバターと混ぜ合わせることで、色鮮やかで今までにない食感のいちごバターが出来上がりました。

しっかりと冷えたものは熱々のトーストに。
溶けたバターの香りと、ハスカップの酸味が残るいちごのコンポートを一緒に召し上がってみてください。口いっぱいにいちごが広がります。
少し常温になり塗りやすくなったいちごバターは、是非スコーンに。
口の中でゆっくりと溶けるバターはよりミルキーで、甘さを控えて作ったいちごバターの良さを一番感じて頂けると思います。

温度によって異なる美味しさをぜひ味わってみてください。

TSURUGA いちごバター 2本セット(eco包装)

¥3,540価格
  • 包装 こちらの商品は簡易包装(箱なし、保冷バッグ)となります。
    内容量 120g ✕ 2本 (120gのいちごバターが2本セットになっています)
    賞味期限 冷蔵で40日
    原材料名 苺(北海道産)、バター、糖蜜(てんさい(北海道産))、チョコレート(砂糖、ココアバター、全粉乳、バニラ)、ハスカップ、,水飴、レモン果汁、食塩、乳化剤、(一部に乳成分・大豆を含む)